あなたの体サビてませんか|脂肪肝を防いで体を守ろう|健康は歩いてこない
男の人

脂肪肝を防いで体を守ろう|健康は歩いてこない

あなたの体サビてませんか

家族

活性酸素で体がサビる

もしもあなたがコンビニのお弁当やスーパーのお惣菜など、加工食品を食べることが多い。お酒をよく飲む。たばこを吸う。ストレスを感じることが多い。激しいスポーツをする。太陽によく当たる。空気が汚れているところに住んでいる。などにあてはまるなら、身体がサビる原因である活性酸素が体内に大量に発生している可能性があります。けっこう当てはまる方も多いのではないでしょうか。活性酸素は、体の細胞や組織を変質させ、機能を衰えさせるといわれています。白内障や認知症、肝機能障害やリウマチ性関節炎、また、生活習慣病の動脈硬化や糖尿病とも関係が深いようですし、細胞をガン化するという研究もあります。しかも、美容の敵であるシワなど、肌老化の原因でもあるそうです。恐ろしい活性酸素、何か対策はないものでしょうか。そこで調べてみたところ、サポニンという成分が効果的ということがわかりました。聞き慣れないサポニンという成分、どのようなものなのでしょうか。

ゴボウと大豆で若返る

サポニンは、ゴボウや高麗人参、大豆などマメ科植物に多く含まれるようです。ゴボウや大豆などを食べるとわかるえぐ味がその正体で、豆腐になるときは取り除かれるようなものですが、その健康効果は幅広く、抗酸化成分の一つとして大変注目されています。その機能は、活性酸素の抑制、血管に付着した脂肪を洗い流し血栓を予防する、老化のもとである脂肪酸の酸化防止、リウマチなど炎症性疾患の予防効果、がん細胞の成長を抑える、血管を広めて血液循環を促し冷え性を改善する、などです。その他にも腸の油分を吸収しにくくすることによって肥満を防止するなど、今後の研究も期待されています。漢方薬などの生薬にはサポニンを含むものが多いということですから、昔からの知恵で健康に寄与するものとされてきたのでしょう。高麗人参は難しいですが、大豆やゴボウは身近な食べ物なので、豆腐や納豆、きんぴらごぼうなどでぜひ取り入れたいです。また、サポニンは色々な会社からサプリメントが出ていますので、手軽に補うことも可能です。特に大豆サポニンB型という成分は肌のハリに効果で女性におすすめです。